「テスト頑張ろう」と言っておきながら

一般的に

中1 9月の期末テストで数学が下がります。

11月の中間テストで英語が下がります。

 

なぜでしょうか。

問題が難しくなるからです。

勉強不足だからです。

しかし、 そのことだけに原因を求めていると、今後も長期低迷が続きます。

そこには、 子ども自身では、気づくことができない問題が潜んでいるからです。

このタイミングで 下がった子には、その問題を解決してあげないと、

残念ですがずっと、超 長期にわたって長期低迷です。

 

まず、子ども自身では気づくことができない問題とは何かから見ていきましょう。

[数学]   小学校の時はできた。

中1 夏以降  できないことが増えた。

算数はできたのに、数学で困る。 その理由は、実は、ほとんどの場合、

数学で必要とされるレベルまで習っていなかったから。

この話は、夏「小6生も中3生も同じ問題で困っている」で説明しました。

算数と数学は、滑らかに繋がっていません。 だから、算数の時は、

できていても、数学になった時に問題が発生するのです。特に%・割合・

速さ・単位量などの重要項目で、高頻度で発生します。

 

[英語]  1.2回目のテストはいい点がとれた。

中1 秋以降  英語がわからなくなった。楽しくなくなった。

 

「習うより慣れろ」という考え方が、基礎英語(中1)の基本的な考え方に

なっています。

ところが、「慣れる」ために、たくさん触れること=何度も何度も書くなどの作業を

させないままで進んでいくから、気がついた時には、

英語が読めない・書けないで、急降下することになります。

 

初めはやさしいのですが、

いつまでもそのやさしさが続くのかと言えば、そうではありません。

子どもから見れば、「できる」と思っていたのに、

いつの間にか、わからなくなったという印象でしょう。

 

やさしいのは、初めの導入の時だけ、

本当は、その余裕がある間に、もっとやることがあったのに。

そのことすら知らされずに、いつの間にか次の段階に進んでいたのです。

これが、子ども自身では、気がつけない1つ目のこと。
(これって子どもの責任でしょうかね?)

 

そして、成績が下がった後、何を勉強すればいいのか?

普通は、わからないと感じる所を、頑張って復習しますね。

ところが、問題の本質は、そこにないから、思うようには解決しない。

これが、子ども自身では、気がつけない2つ目のこと。

 

こうして、長期低迷状態に入っていきます。

解決策は、

[数学]  数量関係の基本を、中学で使えるレベルにする。

[英語]  書いて覚えることを常態化する。

 

これは、中1生に限ったことではありません。

中1の9月、11月のテスト結果に象徴的に現れるので、ここでお話しています。

中2.3生にもまったく同じことが言えます。

 

だから、いつも「書け」「書け」うるさく言っています。

繰り返し 繰り返し、100点ドリルとその練習です。

 

数学・理科の授業では、ほとんどが算数の内容の話から始まます。

実は、それが、子どもたちが、学校の先生よりわかりやすいと言う一つの理由です。

これも基礎が重要だという一つの証拠です。

 

本気で、復活しようと思うなら、

英語だけじゃなく勉強はすべて、「書いてすることが普通」に

なるまで、書いて書いて書きまくることです。

 

みんなを見ていると、夏の間も、書かせると15分もしないうちに

手が痛いといっている人がいましたが、それではね~。

 

数学は、例えば、8/15のメールの中で、ダウンロードできるようにした

「割合の基礎」 (ページに一番下にあります)のような問題を復習してください。

「割合」・「%」・「速さ」・「単位量」、もう少し下がって「分数と小数」です。

 

8/15の問題が、終了した人は、メール下さい。

今のあなたの実力から、どのテキストを、どういう順番でやっていけば

いいのかをのプログラムを提案します。

次のテキストもダウンロードできるようにします。

中学で使う算数の基本力が、固まると数学は急激に見晴らしがよくなります。

 

今回は、 テスト前ですが、いいタイミングなので、

制度的な問題=子どもが自分自身では気がつくことができない問題

そこからくる長期低迷の原因について話してみました。

 

このことを知っていると、子どもに「勉強しなさい」と言う時でも、

子どもに、◎◎をしなさいとより具体的な指示ができると思います。

 

毎年、9月の期末テスト、11月の中間テストの後で、

「急に成績が下がった」といらっしゃる中1の方には、

この点を改善してあげると復活できます。

 

中学生に、算数の復習からと言うと嫌がります。

「小学校の時はできた」と不満そうです。

しかし、ひどい点を取った後なので、しぶしぶ始めます。

 

しばらくやっていると、

「割合の問題で、どんな時はかけて、どんな時は割るのか

初めてわかった。 今までは勘でやっていた」

などと言い出します。

 

おお~。 いい調子。 初めて理解して問題に取り組んでいるのです。

それが復活のスタートです。

 

ついでにもう一言、付け加えさせてください。

小学校のテストは、勘(?)で、かけるか割るかが読めてしまう問題

ばっかりなのです。

 

子どもに「これよくできたね」と言うと、

「最初は割ってみたの。そしたら、割り切れなかったから、かけ算したの」

 

そして、「小学校の時は、できた」発言。

でも、中学生になって、消費税を計算できないこの現実。

これでいいのかしら。
なんかおかしくないですか。

 

話を本題に戻します。

一方で、 子どもの「今度、頑張る」を信じてしまうと、何も変化は起こりません。

それどころか、むしろ親が長期低迷に手を貸したようなものです。
だって本人自身が、何が原因なのか、わかっていないのですから、

改善のための有効な手段は何も持っていません。

気持ちの問題として「次は頑張る」なのです。

だからこそ、何をどうすればいいのかを、示してあげることが役目です。

 

「急にさがった」という話を聞くたびに、忸怩たる思いでいます。

そんな話を聞いたときは、このページを紹介してあげて下さい。

 

 

だからこそ、  小学生の保護者の方へ

「分数と小数」・「割合」・「%」・「速さ」・「単位量」など重要単元は、

何と不思議なことに、学校の内容だけなら中学生になって

壁にあたるようになっています。

 

これらの単元の時には、本気になって下さい。

 

まずは、8/15の「割合の基礎」 (ページに一番下にあります)を
ダウンロードして、やらせてみて下さい。

学校で、その単元が終わっても継続して、2~3ヶ月は続けてください。

 

中学校でも使える力の養成です。
さらにその後は、どうするか。 メール下さい。

お子さんの現状からのプログラムをご提案して、
次のテキストをダウンロードできるようにします。
 

0120-373736(スマホの方は、クリックすると電話できます)

鶴ヶ谷教室:宮城野区鶴ヶ谷4-3-1
幸町教室: 宮城野区幸町3-4-19

成績が上がる塾。 嘘?と思うなら、1か月間の無料体験をプレゼントします。無料の1ヶ月がキミの将来を変えます!