【案内】 テスト対策でやること

tesutotaisaku-01

テスト対策期間について

<保護者の方へ>
テスト前2週間は特別時間割に変わります。配布してある時間割をご確認下さい。この間、回数は増えますが、授業料は変わりません。

例えば、週2回コースの場合、年間授業回数は、12ヶ月×4週×2回=96回に、夏冬春の各8回の24回を加えて120回の授業があります。この120回の授業をテスト前に多く分配しています。そのため、ズレが発生します。不明確にならないようにするために、配布する時間割には「5月⑦」という具合にその授業が何月分の何回目の授業にあたるのかを明確にしています。

例えば「5月⑦」が6月3日になっているとか、逆に「10月④」が9月18日になったりとかという按配です。いずれにしても、間違いなくお約束の回数以上を設定しています。

また、この間は、ほぼ毎日になりますので、欠席による振替はできません。ごめんなさい。ただし、正規では80分が1コマ授業ですが、この間は、80分以上の時間を1コマと設定してあったり、サービス分を設けたりしています。その分でお許し下さい。

通常は、テスト前2週間からテスト対策に入ります。期間中は、解説だけでなく演習もすべて教室内で行います。名物の100点ドリルです。一度間違えた問題・当然できないといけないテストに出る問題(指定問題)を2回連続して100点になるまで繰り返します。

100点ドリルを本格的に始めると、「そんなことしたら覚えちゃう」と言う子がいたりします。「???」です。覚えるためにやっています。中学での勉強は、基本覚えることから始まります。 今まで、勉強って何だと思っていたのかしら。

初めての子の場合、特に今まで、本当に何もしてこなかった子ですとかなり負担に感じてしまう場合があります。時間割を見ただけで、量に圧倒されて、参ってしまう場合には量を調整します。

特に今回が初めてであれば、「やればできる」と言う手ごたえを感じてもらうことが一番大切なことです。そう感じることができれば、次回はもっともっと意欲的になります。それを引き出すための布石を打ちます。

お子さんの様子を見て、無理だなと思う場合は連絡をください。また、こちらの方からご連絡するケースもございます。

学校からの課題は、基本、家でやってほしいと考えています。が、まったく何もしない子もいないわけではありませんので、一通りのテスト対策が終わったら、学校の課題をやる時間を取ることもあります。

特にその課題の中から、テストに問題が出る場合は、やる価値もあるでしょうが、ただ、やればいいだけ、出せばいいだけ(失礼)の課題には、
正直 時間を割きたくないというのが本音です。

しかし、まったく何もしないで平気な子もいるので、敢えて、課題をやるための時間を確保している次第です。

0120-373736(スマホの方は、クリックすると電話できます)

鶴ヶ谷教室:宮城野区鶴ヶ谷4-3-1
幸町教室: 宮城野区幸町3-4-19

成績が上がる塾。 嘘?と思うなら、1か月間の無料体験をプレゼントします。無料の1ヶ月がキミの将来を変えます!