「文句を言うのを我慢している」とお聞きして。

テスト結果が5教科揃ったら結果報告用紙に必要事項を記入して、問題、答案用紙を揃えて、提出して下さい。どのように間違っているかを分析して、今後の授業に生かしていきます。

問題用紙と答案用紙をセットで提出してください。 問題用紙は、テストの最中にどんなことをしているのかを見たいので、消したりしないで、そのままの状態で見せて下さい。

お前は、こんな問題もできないのか。

テストが返却されてきて、思わず口にしてしまった。

お子さんが「こんな問題」を間違えた場合、どんな言い方したらいいのか? 「こんな問題」ですからね。 ついつい頭にきて、口走ってしまいますよね。

アクセントを変えたり、強弱を変えたり。
熱く叫ぶ言い方や、寂しそうにつぶやく言い方。
あきれかえって、はき捨てるような言い方。

いろいろありますね。

言葉は、使い方によって、 相手を生かすことも、殺すこともできる両刃のヤイバ。  その使い方は難しい。

さて、  「お前は、こんな問題もできないのか」です。

この言葉を子どもはどのように受け止めるのか。 この言葉を聞いて、気持ちを入れ替えて、 成績アップにつなげることができるのか。

残念ながら、よい結果は見込めません。 それどころか、かえって子どものやる気を削いでしまう可能性の方が大きい。まあ、それは、言う側もわかっている訳ですが、 怒り、あきれ、悲しみの感情を抑えきれずに ついつい出てしまう言葉です。

それは、裏返せば、期待しているからこそ 思わず出てくる言葉でもありますよね。期待しているからこその言葉なのに、 子どもにはまったく正反対に受け止められる。これって子どもの悪い成績よりもダメかもしれません。

しかも、 常日頃からこんな言葉が飛び交えば、子どもは先々どうなるか。想像しただけで恐ろしい。

ものすごく効果がある言葉

でも、実は、ちょっとした「違い」を知ることで、 ものすごく効果の出る言葉にすることができるのです。  今回は、その「違い」をお伝えしようと思います。

ポイントは、ただ1点。 言われる側の子どもがどのように感じとれるのか?を 知ることです。 そのためにも、モノは試し。 鏡の前で、「お前は、こんな問題もできないのか」を 10回、言い方を変えながら言ってみて下さい。

いったい、どんな表情で言っているのか。 そして、この表情で言えば、子どもはどう感じるだろうかを 考えながらやってみて下さい。

いかがでしたか、どんな顔していました?

自分で見ても怖かった。 嫌味ったらしかった。 いろいろ感じとれたと思います。

実は、私もよく鏡の前で、 どんな表情で、子どもたちに話しているのかを チェックします。  この言葉を言うときは、なんとも・・・・・・ですな。

「お前は、こんな問題もできないのか」にひと工夫

そこで、、「お前は、こんな問題もできないのか」に 少し工夫を加えてみましょう。

「は」→「が」に、「も」→「×」に変えるのです

そうすると、 「お前は、こんな問題もできないのかぁ」は、

「お前が、こんな問題 できないのか」

になります。

また、鏡の前で10回やってみてください。 どうですか。先ほどと違いはありましたか。なるほどと思ってもらえれば、凄く嬉しい。

期待している気持ちをそのまままっすぐに伝えことができる。 使った言葉の真意が、 そのまま子どもに伝わるためのちょっとした工夫です。期待心から発言しても、 その期待がうまく伝わらないと逆効果になってします。ましてや、普段生活をずっと共にしている親だからこそ、 子どもに与えるダメージは、想像以上に大きくなってしまう。

先の言い方だと、子どもの敵になっています。 もちろん、そんな気はないでしょうが、 知らず知らずのうちに子どもの敵になってしまいます。後の言い方だと、子どもの味方になれます。  当然、子どもの一番の味方なのですが、発言によっては 子どもには、そうとは感じられなくなってしまうわけです。

これが、言葉の怖いところ。   それが積み重なれば、先々・・・・・ってわけです。

「文句を言うのを我慢している」

よく「文句を言うのを我慢している」とお聞きすることがあります。我慢なんかしなくていいんです。 言わないと「これでいいんだ」と都合よく考えるのも子どもの習性です。だから言わないとなかなか気づいてくれません。

だからその際に、ちょっとテクニック。

 ⇒ 子どもに味方であることが、ちゃんと伝わるか? です。

 

092-sl-001
092-sl-002
092-sl-003
092-sl-004
092-sl-005

0120-373736(スマホの方は、クリックすると電話できます)

鶴ヶ谷教室:宮城野区鶴ヶ谷4-3-1
幸町教室: 宮城野区幸町3-4-19

成績が上がる塾。 嘘?と思うなら、1か月間の無料体験をプレゼントします。無料の1ヶ月がキミの将来を変えます!