中学生・高校生が 今年 成績を上げるために最初にきめる大事なこと

「あ~、面倒くさい」とか、「無理、無理、無理。 絶対無理」は自分の頭に最悪って知っていますか。

 

うつ病を研究している大学の先生が、うつ病患者の真似をしてみたそうです。

{あ~あ、 いやだ}   {おもしろくない。つまらない}  {どうでもいいや。面倒くせぇ} と。

そんなある日のこと、助手の人が、「先生、もうすぐ学会です。 研究発表の準備をしないと」

それに答えて、先生は 「あん 学会? 面倒くせぇ。いいよ、どうでも。どうせ誰も聞いてないし」と、この先生、いつの間にか、本当のうつ病になっちゃった。

人間の脳は、その人がよく口にする言葉を、
本当のこととして受け入れるんだそうです。

 

みんなの中にもいるよね。何かと言うと、「あ~あ、面倒くさい」とか、 「無理、無理、無理。 絶対無理」とか言う人。

それ、止めたほうがいいってことだよね。 自分で自分を悪くしているってことです。

想像してみて。 そう言うたびに、自分の脳は、その言葉を「そうか」と受け入れていることを。

そう言うたびに、自分で自分をマイナスの方向に導いていることを。

やる気が起こらない時ほど、自分にプラスの言葉をかけた方がいいってことです。先生もいくつか持っていますよ。やる気が出ないときに、自分にかける言葉を。そして、いつも探しています。 自分に効く言葉や行動を。今までに、何人かいますね。そんな先生の口癖や行動に気がついた人が。

教室に来ると、いつの間にか先生の熱気に巻き込まれて、気がつくと頑張っているでしょう。それは、いつも先生がそういう気を出すようにしているからです。

だから、みんなもまず一番最初に、自分にかける言葉をきめましょう。恥ずかしいなんて思うことないですよ。 第一、発表するわけでもありません。自分で自分に声掛けするだけですから。 そして、いつも自分に効く言葉を捜していましょう。

自分の脳は、自分のものだから、自分で手入れしないといけないのです。

最低でも、「あ~あ、面倒くさい」とか、「無理、無理、無理。 絶対無理」とか言うことは、今年はなしにしましょう。言うたびに自分で自分をダメにしているのですから。

さぁ、今年も頑張っていくぞ。

関連記事: やる気が出ないとき

 

0120-373736(スマホの方は、クリックすると電話できます)

鶴ヶ谷教室:宮城野区鶴ヶ谷4-3-1
幸町教室: 宮城野区幸町3-4-19

成績が上がる塾。 嘘?と思うなら、1か月間の無料体験をプレゼントします。無料の1ヶ月がキミの将来を変えます!