合格への道 冬期集中授業カリキュラム

合格への最短ルート  冬期集中授業カリキュラム

 

合格への冬期カリキュラムを配布してあります。カリキュラムを完璧に消化すると、その先には合格があります。 確実にやるための注意点を書いておきます。

●カリキュラム表の指定問題をすべて解いて来る。もう新規に学習する範囲は残っていません。だから、「習ってないからできない」は起こりません。必ず事前に問題を解いて来ること。 「何やってない。じゃ 今やれ。待っているから」はもうムリ。できません。やらずに来た人は損をします。

●[解説] → [間違い直し] → [トレーニング] → [100点ドリル]の繰り返しが合格への最短ルートです。
カリキュラムの全リストを100点にします。一番大切な時間は、間違い直しが終わってからのトレーニングです。本当に100点が取れるように繰り返し練習します。

この時間が、一番、力がつく大切な時間です。勉強が下手な人は、この時間が短すぎることが成績が上がらない最大原因です。 ラストランコースの人は、その練習も教室内で行います。100点になるまで何回でも何十回でも繰り返し付き合います。それが合格への近道。最大のプレゼントです。
1202%e3%80%80p01

●「今日、100点何枚とった?」が、この期間中の帰る時の挨拶です。ビックリするぐらいの大きな数字を答えてください。

★注意
過去問演習が始まると、勉強の内容が減る人がいます。どういうことかと言うと、1科目やるのに50分かかります。でも、この50分間は、残念ですが、進歩のための時間ではありません。そこを勘違いしてはダメです。

過去問と言えども、その後の、間違い直し、テキストに戻っての強化に時間をかけないと進歩はありません。 過去問題をやっている時間は、勉強の時間にカウントしません。

3科目(3時間)やって、「今日、3時間頑張った」なんて思っている人は、勘違いです。こんな勘違いが続くと、しばらくすると下がってくるから要注意です。

もうひとつ、過去問を数年分見渡すと、問題の作り方・組み立て方が見えてきます。それをもとに、作戦=問題を解く順番もあらかじめ想定して準備しておきます。 50分で1点でも多く取れる順番に問題を解くことも実力です。

%e5%b9%b8%e3%80%80%e4%b8%ad%ef%bc%93%e5%86%ac%e6%9c%9f%e3%82%ab%e3%83%aab4%e3%80%802016
 

0120-373736(スマホの方は、クリックすると電話できます)

鶴ヶ谷教室:宮城野区鶴ヶ谷4-3-1
幸町教室: 宮城野区幸町3-4-19

成績が上がる塾。 嘘?と思うなら、1か月間の無料体験をプレゼントします。無料の1ヶ月がキミの将来を変えます!