学力アップNo,1 今年はだれ?



7月と8月の志望校判定テストの結果を比較すると、全体の平均で+5.6のアップでした。今年は、+4~6の間に多くの子が集中しています。例年、夏にこれぐらいのアップ幅の子が、秋~冬にもうひと伸びする傾向にあります。

+10以上の大幅アップした子は、残念ながら、今年は多くはありませんでした。 しかし、大幅アップした人は、逆に卒業まで8月が自己最高のままで終わってしまうことがよくあるで、全体的に今年はいい感じの上がり具合です。

次にやること

自分の判定テストの結果表を見てください。志望校の合格ラインの偏差値より、理科と社会の偏差値が上になっている人は、合格作戦第1段階クリアです。よく頑張りました。

今後は英語・数学に勉強の中心を戻します。 合格するには理社で点を稼ぐことが、重要ですが、しかし、それだけで高校に行くと、英数で苦しむことがハッキリしています。

まだ理社の偏差値が、志望校の合格ラインより低い人は、理社の暗記に力を入れてください。書きながら、回数を多くやることがポイントです。 1.2回やって「覚えられない」と落ち込んでいたら、自分で自分を苦しめているだけです。

10回やれば覚えられると考えて、挑戦しまくるのです。そしたら、「アレ? 6回目で全部覚えられた。いいぞ。自分!」と自分で自分を励ましながらやるのです。

1.2回やって「ダメだ」と嘆いているなんて、やり方が下手すぎです。期末テストも終わりました。時間が取れます。秋口に、理社の暗記を完成させてください。

 

次はテーマは英語です。

目標は、夏期の間は1日1題全訳を作ることでした。

今度こそ目標を遂行して下さい。 学校が始まると時間があまり取れませんから、1週間に2題(中2からやっている英語が得意な人は1週間1題)のペースで続けていってください。合計50題を越えるころから、英語の成績が上がってきます。

数学は、1・2対策の復習を継続します。実力テスト・みや模試・判定テスト、どのテストでも、1・2でバツが2問以下になるまでです。できれば完全制覇したい所です。

秋は【合格】が見えてくる「関数祭」です。期待して下さい。これで、平均点が低い数学も点が取れるようになります。

その前に、大事な話です。

夏にエネルギーを大量投与して、今は、仮に上がっている状態であることを、絶対に忘れないでください。その状態を維持する力は、残念ながらまだ、付いていません。だから、勉強の量が減れば、とたんに下がります。

今回の成績は、《やれ》ば、ここまでは上がると言うことが、現実として確認できたと考えるべきです。その成績を固定化できるかは、今後の努力次第です。

以前、こんな人がいました。夏に15.5アップの大躍進。ご褒美に、スマホを買ってもらい、本人「もう大丈夫。合格圏にはいったし」とライン、ラインの毎日。

成績は8月がピークで、見事に逆V字。受験校は、夏の好結果が忘れられずに、強行受験…

絶対に、こんな人になってはいけません。マックスでは、このように努力を怠る人を「8月組」と呼んでいます(8月組 : 自己最高が8月のまま入試を迎える人)。  「8月組」での卒業禁止です。

<Max レジェンドクラブ since1992> って知っていますか。

9月以降の判定テストで、自己最高偏差値を2回以上更新した人だけが殿堂入りできます。 卒業時に特別なエンブレムを贈呈して、その努力を称えます。

9月から1月の志望校判定テストまでは5回あります。この5回で自己最高偏差値を2回更新。それが殿堂入りの条件です。受験生として頑張った証です。<Max レジェンドクラブ>の名簿に自分の名前を載せましょう。

先日、銀行でATMに、並んでいたら、後ろから声をかけられました。誰だと思ったら、10数年前の教え子でした。その時、<Max レジェンドクラブ>の話が出ました。今でも中3の時、本気で頑張ったことが、自分の支えになっていると教えてくれました。エンブレムは今でも誇りにしているそうです。

ちなみに、自己最高更新の最多記録は、8月も含めて6回中5回です。 早く、自己最高更新6回中6回のパーフェクト達成者に会いたいものです。 君が初のパーフェクト達成者になることを期待しています。

今は、ムリしてもやる時期です。

質問します。 期末テスト対策中も、英語の長文 1週間に2題、やり続けられましたか。

どうしてこんな質問をしたかといえば、これからは、[中3内容] と [中1.2の復習]を同時並行で、進めないといけないからです。

11月に中間テストもあれば、各種の実力テストもあります。どっちか一つの点がよくても、高い評価はもらえません。両方良くないと高い評価になりません。 それぞれ範囲がまったく違うテストで、好結果を出して初めて評価が上がります。

そう考えれば、夏休み中は楽でした。学校の授業が進まないので、[中1.2の復習]だけに専念できたからです。それだけやることもたくさんあります。

期末後からは、[中3内容]と[中1.2の復習]の両方が必要です。受験生の一番の踏ん張り所が今なのです。

夕食前に中1.2の復習を2~3時間、夕食後に中3の内容を2~3時間。このぐらい時間を取ることは、物理的に不可能ではありません。

まず、以前なら部活をしていた夕方に頑張れるようになって下さい。 夕食前に、頑張れるとこのぐらいの時間が取れることは比較的容易になります。

夕方の時間を無駄に使ってしまとと、、[中3内容]と[中1.2の復習]の両方やることは、ひどく困難になります。

学校から帰ってきたら、まず1.2年の復習から始めることが、【合格】にまっすぐつながっていくのです。

だから、授業もすべて早い時間からスタートしています。

0120-373736(スマホの方は、クリックすると電話できます)

鶴ヶ谷教室:宮城野区鶴ヶ谷4-3-1
幸町教室: 宮城野区幸町3-4-19

成績が上がる塾。 嘘?と思うなら、1か月間の無料体験をプレゼントします。無料の1ヶ月がキミの将来を変えます!