英語 最後の対策  あと10点を何とかする。

宮城の英語は、長文が読めないとどうにもならない。

と、1年前から対策をはじめました。

1年前は、嫌がって逃げていたくせに、今では「英語が一番安心できる科目」と言っている人もいます。

英語は一番正直な科目で、頑張った人はその分だけできるようになります。怠った人は、それなりの結果になります。そして、それはこれからも同じです。

中学校の英語で困った人は、高校では、もっと英語で困ります。これは、今からはっきりわかることです。だから、今、「英語が… 」という人は、高校入試が終わったら高校入学までの1ヶ月間 本格的な文法の復習をして、力をつけないと高校では、間違いなく今以上に英語に苦しみます。

最初にイヤなことを言ってしまいましたが、では、今日の本題です。

宮城の英語は、長文が読めないとどうにもなりません。

それで、今から何をすればいいか?
単語です。 今、長文の全訳を作っていますが、その直しの時に調べた単語について、単語カードを作ります。 「後から、単語カードを作るから、今、調べた単語はリストを作っておけ」と言っていました。その通りにやってきた人は、そのリストをカードにすれば、それでOKです。

公立対策とすれば、意味がわかることが1番ですから、カードは表に英単語、裏に意味で十分です。(特別な単語には使い方)

練習は、英単語を見て、意味がわかるか確認する。わからない単語はその場で、十数回は書いて練習する。 練習は1日に6回以上、多ければ多いほどいいです。

1回正解したらチェックマークを1つ。チェックマークが20個になったら1度除外します。除外したカードは、5日程間を空けてまたチェック。OKであれば、そのまま除外しておきます。 また5日後にチェックを繰り返します。 OKじゃなくなっていたら、カードを戻してまた繰り返しです。

暗記物は、ダラダラやっているとうまくいきません。スピードが大切です。スピードを上げて、回転数を上げること。忘れるよりも速いスピードで繰り返すことが成功のコツです。

昨年3年生も同じことをしました。覚えたカードが250~300枚を越えるぐらいから、「過去問を解いていて、覚えた単語が何回も出てくるのでビックリした」と言う子が増え始めます。 450枚を越えあたりから全文訳の精度が飛躍的に高まってきます。今からでも、何とかできる英語対策法です。

最後に、で、高校の授業では、文法中心になりますから、入試が終わったら「文法」の復習です。 そうしないと「高校でも、もっと英語で困ります。これは、今からはっきりわかることです。」

0120-373736(スマホの方は、クリックすると電話できます)

鶴ヶ谷教室:宮城野区鶴ヶ谷4-3-1
幸町教室: 宮城野区幸町3-4-19

成績が上がる塾。 嘘?と思うなら、1か月間の無料体験をプレゼントします。無料の1ヶ月がキミの将来を変えます!