この子と暮らすのもあと数ヶ月かもと思った時に見えてきたもの。成績アップ、志望校合格とその先のもの。

こんにちは。山口です。

先週で冬の面談が終わりました。ご出席ありがとうございました。 今回の面談で、すごく印象に残ったお話がありますのでご紹介します。

高3と中2の子を持つお母さんです。「上の子が、東京に出て行くと、あの子と一緒に暮らすのもあと数ヶ月しかないんですね」

お姉ちゃんは、東京の私大を狙っています。大変 頑張っていて順当にいけば合格できそうです。春には、東京に行くことになります。タイプ的に、4年後はたぶん首都圏での就職を希望することになると思います。

お母さんもそう思われているそうで先の発言が出てきました。まだまだ子どもと思ってきたけど、今の生活が、ず~と続くと思ってきたけど、一緒に暮らすのは、もう3.4ヶ月だけかもしれないんですね。親として何も教えていない。下の子なんか、もっと甘やかしてきているから…

ん ~ 。 たしかに、その通りですね。 しみじみとお話されたこともあって、とても深く印象に残りました。

今、私は、前期選抜を受験する子に、面接の練習を始めたことろですが、これが年々大変になっています。まず、相手の目を見て、しっかりした話ができる子が本当に少ない。それどころか、お辞儀が出来ない。

子どもに言わせると、「習ったことがない」。   それはそうかも知れないけど…。 

実際に練習をすると、最初はひどいものです。こんなポーズが、お辞儀だと思っている子が、結構たくさんいます。
153-p01
その子たちに言わせると、「相手の顔を見ながら、頭を下げる」とか。

会釈とお辞儀の区別、使い分けができない子もたくさんいます。

応答練習では、一問一答形式になりがちです。会話にならない。
例えば、「将来の夢を教えてください」に対して、「建築家です。」 それでおしまい。 後は黙っています。

そうじゃなくってさ。面接は、「自分はこんな人間です」ってアピールする、わかってもらうための時間なんだからさ、「将来の夢を教えてください」という質問には、どうして建築家になりたいと思ったのかとか、建築家になって何をしたいのかとか、自分から話を膨らませて、応えないと自分を何もアピールできないでしょうと言うと、 「そうなんですか。深いですね」  

ちっとも深くない!  そんなの世の中では当たり前だよ。 「何になりたいの」って聞かれて、「建築家です」ってだけ答えて、その後、何も言わなかったら、相手は「あ、この人、話したくないんだ」って思うほうが普通でしょう。

文句いう時はアレだけ一人前の口をきくくせに、正式な場になると会話もなかなかスムーズにはできない。それも「そんな経験したことないから」ですかね。

最近では、こんな電話をしてくる子が増えています。 電話にでると、いきなり「先生。 理科のテキスト忘れて帰りませんでしかた?」なんて話し始める子です。「その前に、君は誰?」って感じですが、携帯・スマホの影響でしょうね。電話に出る人は、相手が誰だかわかって電話に出るのが、彼らの常識ですから。

子どもたちが、授業後に、家に電話をする様子を聞いていると、「今 終わりました。お迎えお願いします」とすばらしい子がいます。まぁ一般的には「向かいに来て~」ですね。これがすごい子たちは、「おれ」の一言で電話を切ります。

よくよく観察してみると、この手のタイプの子たちは、「先生。これ」

『これ』って何?  採点してほしいの? 質問したいの? それともこのノート落ちていたの? 『これ』じゃ何だかわからないから、伝わるように言い直して、なんてやり取りをすることがあります。

再び、授業後の電話に話に戻ります。家で何か事情があったのでしょう。お迎に行けないから歩いて帰ってきてと言われて、「なに言ってんだ。むかえに来るって言っただろう」と怒鳴りだして、みんなをビックリさせた子がいました。「普段もそんな話し方してるの?」と言ったら、さすがにバツ悪そうにしていました。

安心して下さい。 ご両親がうらやましくなる、こんな子もいます。同じようにケースの時に、「はい。わかりました。○○の前の道を通って帰ります」と応えていた女の子がいました。すばらしい。相手にどんな情報を伝える必要があるのかを理解している子です。

面談の応答の件、電話の件、人と会話するときに、どうすべきなのか。世の中に出たら、当たり前のことじゃないですか。冒頭の{もしかすると、この子と暮らすのも~}{何も教えていない。}は、そういう意味でも、いろいろと考えさせられる言葉でした。 

塾として、成績アップ・志望校合格が第一ですが、それもこれも、人生うまくいくようにするためじゃないですか。だから、こういう点でも気がついたことは、お話させて頂こうと考えています。よろしくお願いします。

************************************************

鶴ヶ谷 南光台 幸町の個別指導学習塾合格屋マックス

小学生、中学生、高校生の成績アップや受験合格は、鶴ヶ谷南光台幸町の個別指導学習塾合格屋マックスが得意。独自の入試対策で、偏差値 を毎年+7~+15以上アップ。時間を惜しまず子どもに向き合い、正しい勉強方法で 好結果に導くと子どもは自信をつけて自分から動きだします。

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30 0120-373736
◆ 鶴ヶ谷教室 989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1   ◆ 幸町教室 983-0836 宮城野区幸町3-4-19
● 教室案内
○ アクセス
● お父さんお母さんから
○ 卒業生の声
● Max名物授業の感想
○ 合格したぞ! (合格体験記)
● 合格ヒストリー
○ サンプル動画
● 予約フォーム
電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30  0120-373736 スマホ・携帯の方は、番号をクリックするだけで電話できます
***********************************************

成績が上がる塾。 嘘?と思うなら、1か月間の無料体験をプレゼントします。無料の1ヶ月がキミの将来を変えます!