関数祭からレポート 問題の解き方 ノートの使い方

 関数祭からもうひとつ。

勉強の方法、ノート使い方の話をします。

ほとんどの人が答しか書きません。本当は、面倒なのではなくて、それしか書けないのではと、最近では疑っていますが。

残念ながら、それではできるようになりません。 途中の考え方や式が、しっかり追えるようになっていかないと進歩しません。

関数祭の秘密トレーニングの中には、実は、それができるようになる仕掛けが組み込まれています。子どもたちの 関数祭の前のノートと関数祭の後のノートを比較してください。

A君 前
1003%e3%80%80%ef%bd%9002-3-1
A君 後
1003%e3%80%80%ef%bd%9002-3-2

B君 前
1003%e3%80%80p02-2-1
B君 後
1003%e3%80%80p02-2-2

C君 前
1003%e3%80%80p02-1-1

C君 後
1003%e3%80%80p02-1-2

できれば、何をしているのかの説明書きかがあれば、更にすばらしいのですが、こんなノートになってくると、今、自分が何をやっているのか、次に何をするのかが、自ずと明らかになってきます。

自分が今、何を考えているか、 次に何をすればいいのか、それが、ノートの上にハッキリ形になっているので、頭は考えることに専念できるようになるので、ますます理解が進みます。

こんな問題の解き方、ノートの使い方を求めているのです。

成績が上がるノートの使い方

普段の授業でも同じことです。
質問を持ってくるとき、多くの子は、ノート 白いまま持ってきます。
ひどい子になると、それまで書いていた所をわざわざ消して持ってきます。

「何?」
「質問です」
「どう考えているの」
「こうこうです。でもココから先に進めなくなりました。」

こんな展開になれば、こちらは、
この子に何を言ってあげれば一発で解決できるか、もしくは、何が原因で 混乱に陥っているのかが、すぐにわかります。

問題解決がすぐにできます。本人も楽です。

わざわざ消して持ってくる子に言いたい。
「君は、何か大きな勘違いをしています。
わからないから習いに来ているのに、自分の状態を隠してどうするの?」
自分の進歩を遅くしているだけです。

真っ白で持ってくる子もダメですね。
問題文の中から、何も情報を拾えないなんて、日本語を読めるならありえないからです。

まず、情報を拾う。そこから何がわかるか、もしくは何が足りないかを考えることが、 問題を解くスタートです。

まずはスタートラインには立ちましょう。

0120-373736(スマホの方は、クリックすると電話できます)

鶴ヶ谷教室:宮城野区鶴ヶ谷4-3-1
幸町教室: 宮城野区幸町3-4-19

成績が上がる塾。 嘘?と思うなら、1か月間の無料体験をプレゼントします。無料の1ヶ月がキミの将来を変えます!