再現性がある「マル」を求めて、しつこく。

物わかりのいい子ってラクです。
なんでも「わかった」って言ってくれる子って
大人にとってはすごくラクな子です。

「わかったふり」「しっているふり」をしてくれたほうが、
もう一度時間をとる手間や
他のアプローチで説明する手間がなくなるので、
ついつい忙しいと、本当にわかっている?
という確認をせず、
子どものわかったふりに甘えそうになります。

でも、本当にそれでいいのか、
ということです。

僕たち講師は、
子どものわからないを
「わかる」に変えること、
そして実際に「できる」に引き上げるのが仕事です。

忙しいのは忙しいし、
ちょっとこの子わかってないな、
と思っても流してしまいそうなときはあります。

でもそのツケは子ども本人が払うことになる
ということを思うと、スルーはできません。

またちゃんと観察していると
本当にわかっているかどうかはすぐわかるもの。

たまたま正解をしたのか、
再現性がある「マル」なのか。
しつこいくらい見ています。

短期間で伸びるのは
決してわかったふりを見過ごさないから、
とも言えるのです。

学校でも家でも
きちんと勉強しているように見える子も
きちんと結果が出ていなければ、
中途半端な理解で終わっている可能性があります。

Maxの結果が出る授業。
一度見学してみる価値があります。

 

◆鶴ヶ谷教室  ☎252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ☎295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30