安心できる段階に至るには

子どもの理解の深さをはかるにはどうすればいいでしょう。

 

子どもを、自信を持って送り出すことができるレベルというのは・・・

確実に「できる」状態になっていないと不安で仕方がありません。

 

「わかる」状態になっても、理解のレベルとしてはとても不安定

で、忘れてしまったり、ちょっと違う角度から質問されると対応

できないからです。

 

大切なのは、この子のこの単元の理解はどの程度か、

というのを瞬時に把握することです。

 

テストでは、読解問題などは部分点もありますが、

基本「マル」か「バツ」の2種類の判断しかできないので

結果だけを見ていてもダメなのです。

 

「〇〇(子供の名前)、これってどうしてこういう答えになったの?」

「〇〇(子供の名前)、どうしてこうなったか教えて?」

「マル」をとった子にも、よくこのように質問します。

 

きちんとロジカルに説明できない場合が多いのです。

結構、当てずっぽうの場合が多かったりもします。

 

かなり正答が多い子にも確認します。

 

きちんと他人に教えるように、理由をこたえられる子。これは

「知る」「わかる」「できる」の先の「教える」ことができる子

です。

 

自分目線の「できる」では感覚でわかっていてもOKです。

でも他人に「教える」ことができるということは、

きちんと言葉で説明できるレベルまで達しているということ。

 

「教える」ことができる子は、

当然「できる」のレベルに達しているのでもう安心です。

 

他人に説明できるなら、

本当に「できる」ようになっている。

 

本当に、マスターできているかは、

案外、テストだけではわからないものです。

 

だから、少人数、

だから、コミュニケーションを重視しています。

 

◆鶴ヶ谷教室  ☎252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ☎295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30